男子エペ ユニバ銅の山田決勝へ フェンシング全日本選手権

[ 2017年12月10日 05:30 ]

全日本フェンシング第3日 男子エペ個人で武田(左)を破り決勝進出を決めた山田
Photo By 共同

 フェンシングの全日本選手権は9日、東京・駒沢体育館で個人戦第3日が行われ、男子エペは8月のユニバーシアード夏季大会で銅メダルに輝いた山田優(自衛隊)と、林茂樹(警視庁)が10日の決勝に進んだ。準決勝で山田は前年覇者の武田仁(吉祥寺ク)を15―9で破り、林は安雅人(早大)に8―5で勝った。

 女子サーブルはリオデジャネイロ五輪代表の青木千佳(ネクサス)と、ユニバーシアード夏季大会銅メダルの江村美咲(中大)が決勝に勝ち上がった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月10日のニュース