世界王者4選手が柔道教室 真剣指導の海老沼「中途半端なこと言えない」

[ 2014年5月4日 17:18 ]

子供たちに囲まれながら背負い投げを教える海老沼匡

 柔道の世界王者4選手が集結し、チビっ子柔道家に世界の技を伝授した。

 4日に東京都文京区の講道館で行われた全国少年柔道大会の合同練習会にロンドン五輪男子66キロ級銅メダリストの海老沼匡、上川大樹、大野将平、高藤直寿世界選手権代表4選手が参加。投げ技のコツを教えたり、一緒に乱取りなどを行った。

 4選手の中でも一番人気だった海老沼は、常に子供たちに取り囲まれながらも真剣に指導。「小学生は僕らトップ選手が言うことを全て真に受ける。目をキラキラさせて指導を受けてくれるので中途半端なことは言えない」と語り、大野も「自分の技を分かっていないと教えるのは難しい。でも単純に楽しかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース