リラードが劇的ブザービート!Tブレイザーズ 14年ぶり突破

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 NBAプレーオフ地区1回戦で、西地区全体5位のトレイルブレイザーズは地元ポートランドで4位ロケッツに99―98で競り勝って4勝2敗。昨季の新人王、ダミアン・リラード(23)が3点シュートによる鮮やかなブザービーターを決め、14年ぶりのシリーズ制覇に貢献した。リーグ最高勝率を誇るスパーズは敵地ダラスで第3Qまで81―76としながら最下位シードのマーベリクスに敗れて3勝3敗。ロードで第3Qまでリードした試合は今季25戦全勝だったが、唯一の黒星で勝負は最終第7戦にもつれ込んだ。

 起死回生のブザービーターを決めたトレイルブレイザーズのリラードは「目下のところ人生最大のショットだ」とチームメートにもみくちゃにされながら歓喜。6戦中3戦が延長という激闘は劇的な一投で幕を閉じた。

 先月の28日には77年にファイナルを初めて制したときの監督で名解説者でもあるジャック・ラムジー氏が89歳で死去。スタンドには「77年のようにプレーして!」というサインボードも見られた中、リラードはその上を行くパフォーマンスを見せて2万人の地元ファンを喜ばせた。

 ≪97年以来≫プレーオフのシリーズ制覇をブザービーターで決めたのは97年ジャズのストックトン(対ロケッツの西地区決勝第6戦)以来、17年ぶり。ブ軍のファイナル制覇は77年の1回のみで76ersに4勝2敗。

 ◆処分 NBAはグリズリーズの主力フォワード、ザック・ランドルフ(32)に1試合の出場停止処分を科した。サンダーとの第6戦で相手選手の顔面を殴ったため。3日の最終第7戦は出場できない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース