強風に耐え…近藤 3年ぶりVへ静かな闘志

[ 2014年5月4日 05:30 ]

男子ゴルフツアー中日クラウンズ第3日

(5月3日 愛知県東郷町・名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(6545ヤード、パー70))
 08年優勝の近藤が1アンダー69で2打差の2位に浮上した。

 16番はSWでピンそば20センチにつけバーディーを奪うなど、強風に耐えてスコアを伸ばした。「ボギーは覚悟していた。バーディーがどれだけ取れるかという感じでした」。最終日は最終組。石川とは初日から4日連続で同組になる。「凄くレベルアップしている」と実力を称えながらも、3年ぶり6勝目へ静かな闘志を見せていた。

 ▼1位・金亨成 風に悩まされた。打って1分ぐらいで風向きが正反対になった。ミスショットではなく風。ショットは悪くない。(昨年賞金ランク2位の実力者)

 ▼3位・I・J・ジャン 最終日は安全プレーを心がける。バーディーを取れたらラッキー。(12年優勝)

 ▼5位・松村道央 優勝だけをしに来た。玉砕覚悟で行きたい。それぐらいでないとひっくり返せない。(昨年優勝。4オーバーの74で首位から後退)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース