遼 5打差5位で最終日後半へ、金享成が首位キープ

[ 2014年5月4日 13:36 ]

 男子ゴルフの中日クラウンズ(愛知県・名古屋GC)の最終日は最終組が前半を終了した。首位と3打差の3位で出た石川遼は首位と5打差の5位に後退して後半に入った。3、4番でバーディーチャンスを逃すと、7番でバンカーからの第2打が出ず、続くショットも寄せられずにダブルボギーを叩いた。逆に首位で出た金享成がこの7番でベタピンバーディー。金は通算10アンダーでインへ向かった。

 首位と1打差の2位にI・J・ジャン。今野康晴は前半で3つ伸ばし、通算8アンダーの3位で後半をプレーしている。近藤共弘は前半で4つ落とし、通算3アンダーの10位に後退している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース