敏京 日本勢トップの6差22位!上原63位、有村は予選落ち

[ 2014年5月4日 05:30 ]

USLPGAツアーノーステキサス・シュートアウト第2日

(5月2日 米テキサス州アービング・ラスコリナスCC(6410ヤードパー71))
 19位で出た野村敏京(21=フリー)は70で回り、通算2アンダーで首位と6打差の22位となった。上原彩子(30=モスフードサービス)は71で通算2オーバーの63位。有村智恵(26=日本ヒューレット・パッカード)は72と伸ばせず、通算3オーバーで1打及ばず予選落ちした。

 64で回ったミーナ・リー(32=韓国)と、カロリーン・マソン(24=ドイツ)が8アンダーで首位に並んだ。日本勢トップの野村は「チャンスが来たら必ずパットを入れてトップ10に入りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース