ボル 世界1位の貫禄 丹羽、水谷を連破「いい感覚でできた」

[ 2014年5月4日 21:03 ]

JA全農世界卓球団体戦男子準決勝 ドイツ3―1日本

(5月4日)
 ドイツは元世界ランク1位のボルが2勝を挙げる活躍を見せた。33歳のベテランは丹羽、水谷を連破し、チームを決勝に導き「2試合ともいい感覚でプレーできた」と笑顔で汗を拭った。

 丹羽との第1試合では第1ゲームを16―18で落としたが立て直し、第4試合では力強い球で水谷を一蹴した。オフチャロフらが台頭しても存在感抜群の大黒柱は「素晴らしい雰囲気の中で、いい流れで試合を運べた」と満足そうに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年5月4日のニュース