第36代・木村庄之助「大満足」49年の軍配に終止符

[ 2013年5月27日 06:00 ]

千秋楽を終え、土俵に向かって一礼する木村庄之助

大相撲夏場所 千秋楽

(5月26日 両国国技館)
 夏場所限りで定年退職する第36代・木村庄之助が、白鵬と日馬富士の結びの一番を裁いて49年の軍配に終止符を打った。

 花道を引き揚げると、優勝した白鵬、同じ井筒部屋の鶴竜から花束を贈られた。感無量の庄之助は「つつがなく終えられた。大満足です」と笑顔を浮かべて土俵を去った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月27日のニュース