瀬戸 自己ベスト更新も…2冠ならず悔しい!

[ 2013年5月27日 06:00 ]

男子200メートル個人メドレーで優勝した萩野(左)と2位の瀬戸

競泳ジャパンオープン最終日 男子200メートル個人メドレー

(5月26日 さがみはらグリーンプール)
 瀬戸は400メートル個人メドレーに続く2冠を逃した。自己ベストを更新したが「58秒を切りたかった」と悔やんだ。

 得意のバタフライでリードを奪えず、「背泳ぎで(萩野に)離されたのが課題」と修正点を挙げた。初の日本代表として挑む世界舞台へ「最高のパフォーマンスを出せるようにしたい」と萩野とともに表彰台を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年5月27日のニュース