美香 強風も「集中力切らさず」今季最高4位 藍13位

[ 2013年5月27日 10:16 ]

最終ラウンド、18番でティーショットを放つ宮里美香

 米女子ゴルフのピュアシルク・バハマ・クラシックは26日、バハマ・パラダイス島のオーシャンクラブGCで12ホール(パー47)に短縮された最終ラウンドを行い、12位で出た宮里美香が4バーディー、2ボギーの45で回り、通算7アンダーの130で4位となった。

 宮里美は12番から3連続バーディーを奪うなど、強風の中でも「集中力を切らさずにいいプレーができた」。今季最高となる4位に「やった」と喜び、「だいぶゴルフがしっくりしてきた。いいきっかけになれば」と巻き返しを誓った。

 宮里藍は46で回り通算5アンダーで13位、有村智恵は2オーバーで88位だった。

 ツアー4年目の李日姫(韓国)が42と伸ばし、通算11アンダーで初優勝した。優勝賞金は19万5千ドル(約1970万円)。

 ▼宮里藍の話 海沿いのホールは特に風が強くて難しかったが、そんなにミスもなく、トータルでよかった。36ホールの戦いはいろんな意味でいい経験になった。

 ▼有村智恵の話 出だしはミスをしてしまったけど、この風の中ではいいショットが打てていたと思う。パットはもう少し自信が必要。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月27日のニュース