加瀬 アマにレッスンしながら猛追も…及ばず2位

[ 2013年5月27日 06:00 ]

18番、バーディーパットを決められず苦笑いの加瀬

マイナビ創立40周年・スポニチ創刊65周年記念事業 マイナビシニア&レディースカップ最終日

(5月26日 千葉県柏市 藤ケ谷カントリークラブ=男子6884ヤード、女子5985ヤード、パー72)
 2打差の4位でスタートした加瀬が、70と追い上げ2位でフィニッシュした。「60台を目指していたけどショットが悪かった」と淡々と振り返った。

 一緒に回るアマチュアにレッスンをしながら優勝争いを演じたが、「アマとワイワイガヤガヤ言いながらプレーするのは、気持ちが試合に入り過ぎなくていい。今後はアマとチーム戦をやったりするのも面白いかも」と笑顔で話していた。

 ▼2位・水巻善典 ショットが良くてチャンスは何度もあったけど、パットが入らなかった。でも今後のシニアツアーの試合に向けて手応えはめちゃあった。(2バーディーも2打及ばず)

 ▼2位・渡辺司 初日のホールアウト後にアプローチを練習して修正できた。精いっぱいやってのスコアだから納得。(この日ベストスコアの68と追い上げ)

 ▼6位・飯合肇 3番パー5のダブルボギーでリズムが崩れた。フェアウエーからの2打目を左の林に曲げてしまった。イージーミス。駄目だね…。(首位でスタートも75と乱れ優勝争いから脱落)

 ▼10位・松沢知加子(2、3番ボギーで)80を叩くかと思った。きのうはパットが入ったのに、きょうは入らなかった。2日間でパープレーを目標にしていたので良かった。(1打差の2位から出たが75と失速)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月27日のニュース