妙義龍 5度目の技能賞獲得!関脇復帰が濃厚

[ 2013年5月27日 06:00 ]

技能賞を獲得した妙義龍

大相撲夏場所 千秋楽

(5月26日 両国国技館)
 夏場所の三賞選考委員会が国技館内の記者クラブで開かれ、横綱・日馬富士や2大関を破って2桁勝利の妙義龍が5度目の技能賞を獲得した。14日目を終えて10勝をマークしていた東前頭10枚目の千代大龍は千秋楽に勝てば自身初の三賞となる敢闘賞だったが、妙義龍に敗れて受賞を逃した。殊勲賞は4場所連続で該当者がいなかった。

 昨年秋場所以来となる5度目の技能賞を受賞した妙義龍は日体大の後輩・千代大龍を下し、11勝目を挙げた。「後輩だから負けられない」と立ち合い一気の寄りで圧倒。過去の三賞受賞は全て技能賞だけに、日馬富士を倒した今場所は「殊勲賞か」と期待したが、それ以上に立ち合いから前に出る“技”を評価された。関脇復帰が濃厚な来場所へ「前に出るだけじゃなく、前みつを引いて中に入ったりプラスアルファを身につけたい」と技術の向上を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月27日のニュース