山県 標準記録A突破で初V!堂々の2冠達成

[ 2013年5月27日 06:00 ]

 陸上の関東学生対校選手権最終日は26日、横浜市・日産スタジアムで行われた。向かい風0・5メートルだった男子200メートルで、20歳の山県亮太(慶大)が世界選手権(8月、モスクワ)の参加標準記録A(20秒52)を突破する20秒41で初優勝し、100メートルとの2冠に輝いた。

 男子5000メートルは1万メートルでA標準を突破済みの大迫傑(早大)が13分34秒30で日本人トップの2位となり、エノック・オムワンバ(山梨学院大)が1500メートル、1万メートルに続いて勝った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月27日のニュース