17歳平岡 来年五輪開催地ソチでW杯初優勝

[ 2013年2月16日 06:00 ]

スノーボードのW杯男子ハーフパイプで優勝した平岡卓

スノーボード W杯男子ハーフパイプ

(2月14日 ロシア・ソチ)
 来年の冬季五輪開催地で行われ、平岡卓(17=フッド)が初優勝を果たした。大阪・上宮高2年の平岡は決勝の1回目にほぼ完璧な滑りを披露して90・25点をマークしてトップに立ち、快勝。これまで2度2位になった経験がある新鋭が、開幕まで1年を切った五輪本番へ向けて弾みをつけた。

 W杯参戦7戦目で初優勝の平岡は「素直にうれしい。ソチで勝てたことは自信になる」と笑みを浮かべた。準決勝をトップで通過し、臨んだ決勝1回目。連続で3回転を成功させ、最後は回転軸をずらしながら3回転する大技ダブルコークの着地をきれいに決めた。世界選手権覇者ユーリ・ポドラドチコフ(スイス)らは抑えたが、この日は五輪2連覇中のショーン・ホワイト(米国)は不在だった。平岡は「もっと経験を積んで優勝したい」と一層の成長を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース