小野塚 肩の痛みこらえて決勝へ「難度上げて上位狙う」

[ 2013年2月16日 22:16 ]

フリースタイルスキーW杯HP

(2月16日 ロシア・ソチ)
 ハーフパイプ女子の小野塚は15日の公式練習で転倒し、右肩を痛めた状態での滑走だった。予選は「決勝に進めるように技の難度を落とした」という滑りで突破したが、ゴールすると痛みに顔をゆがめた。

 今季から本格的にW杯を転戦し、表彰台に2度上がった。けがの影響で、腕を巻き込んでスピンする際に痛みが走るというが「今季これまで1桁順位をキープしているので、決勝は技の難度を上げて上位を狙う」と力を込めた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース