恩田が7位と健闘/W杯距離スプリント

[ 2013年2月16日 22:22 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は16日、スイスのダボスでスプリント・クラシカル(1・5キロ)を行い、W杯に今季初登場の男子の恩田祐一(アークコミュニケーションズ)は7位と健闘した。予選を21位で通過し、準々決勝も突破したが、準決勝で敗れた。

 アレクセイ・ポルタラニン(カザフスタン)が今季2勝目、通算3勝目を挙げ、宮沢大志(早大)は予選敗退した。日本勢が出場しなかった女子は、ユスチナ・コワルチク(ポーランド)が今季4勝目、通算25勝目を挙げた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース