神鋼SO山本 決勝へ「期待されているのは守備」

[ 2013年2月16日 06:00 ]

 ラグビーの日本選手権は16日に準決勝2試合が行われる。花園ラグビー場で東芝と対戦する神戸製鋼は15日、神戸市内で最終調整した。

 勝てば9季ぶりの決勝進出となる大一番で山本大介(30)がSOとして今季2試合目の先発の機会を得た。「期待されているのは守備。東芝がやってくることは分かっている」と意気込み十分。2点差で惜敗したリーグ戦ではCTBで先発し、後半からSOでプレー。後半のスコアだけなら勝っていただけに、リベンジの思いは強い。ケガ人が出てメンバーが代わった東芝に対して神戸製鋼はベストメンバー。苑田ヘッドコーチは「われわれはまだまだ成長できる」と力をこめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース