義足ランナーの事件にボルトも困惑「これが現実かどうか…」

[ 2013年2月16日 19:47 ]

 陸上男子短距離の五輪金メダリスト、ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)は15日、南アフリカの両脚義足のランナー、オスカー・ピストリウス容疑者が恋人の女性を射殺した容疑で訴追されたことについて「これが現実かどうか頭の中で整理しているところだ」と語った。

 同容疑者とは大会などで言葉を交わしたことがあるという。今後連絡を取るかどうかを問われ「何が起こっているか確かめてから決める」と話した。(AP=共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース