北海道銀 結成2季目で決勝へ 会心の勝利に小笠原笑顔

[ 2013年2月16日 19:45 ]

決勝進出を決め、笑顔を見せる北海道銀行の小笠原(左)と船山

カーリング日本選手権第5日

(2月16日)
 チーム結成2季目で初の決勝に進んだ北海道銀行の小笠原は「後攻の(第3、第7)エンドで2点を取れ、試合を有利に進められた」と会心の勝利にほおを緩めた。

 五輪を2度経験した34歳の小笠原と船山のベテランが、ともに21歳の小野寺と吉田の若手を引っ張る。船山が「日本では珍しいチーム(構成)だが、世界的に見たらバランスが取れている」と話すように、ここまでは持ち味を存分に発揮している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース