北見、4連覇へあと1勝 敦賀「男子の方が迫力あります」

[ 2013年2月16日 19:54 ]

SC軽井沢ク戦に勝利し、決勝進出を決めた羽石(中央)らチーム北見

カーリング日本選手権第5日

(2月16日)
 1次リーグで敗れたSC軽井沢クに雪辱し、男子で決勝に進んだチーム北見は3人が漁業、2人が農業に携わる。練習時間が十分に取れないハンディを克服し、4連覇へあと1勝とした。敦賀は「昔より練習時間はないが、その分、集中してやっている」と話す。

 注目度では女子に劣るが、プレーは上との自負もある。敦賀は「見る方は、男子の方が迫力はあります」とアピールも忘れなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年2月16日のニュース