伊東3連覇で最終戦飾った…船木は2位

[ 2010年10月17日 16:22 ]

 ノルディックスキー・サマージャンプの国内最終戦、伊藤杯サマーファイナル大倉山大会は17日、札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)で行われ、サマーグランプリ(GP)で総合優勝した伊東大貴(雪印)が1回目に139メートル、2回目に131メートルと大飛躍をそろえて、合計286・5点で3連覇した。

 1回目に140・5メートルの最長不倒をマークした長野冬季五輪金メダリストの船木和喜(フィット)が279・1点で2位。湯本史寿(東京美装)が271・4点で3位だった。

 女子は14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が、169・1点で2連覇を果たした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年10月17日のニュース