崎本と山本が日本選手権初優勝

[ 2010年10月17日 15:30 ]

表彰台でカップを掲げて喜ぶ男子優勝の山本良介(左)と女子優勝の崎本智子

 トライアスロンの日本選手権東京港大会は17日、東京都お台場海浜公園周辺(51・5キロ=スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、女子は崎本智子(日本食研)が1時間56分0秒で初優勝した。11月の広州アジア大会代表のトーシンパートナーズ・チームケンズ勢は足立真梨子が29秒差の3位、土橋茜子は1分5秒差の6位だった。

 男子のアジア大会代表勢は山本良介(トヨタ車体)が1時間46分10秒で初制覇し、細田雄一(グリーンタワー・稲毛インター)は1分1秒差の3位だった。5連覇を狙った田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)は22秒差の2位と競り負けた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年10月17日のニュース