bjリーグ開幕!新加入組は黒星スタート

[ 2010年10月17日 06:00 ]

 6年目を迎えるプロバスケットボールのbjリーグが開幕し、各地で6試合が行われた。今季から新たに参入した宮崎はアウェーで昨季準優勝の大阪と対戦し、70―73で黒星スタートとなった。また、同じく今季加入の秋田は仙台に65―76、島根は埼玉に72―84で、それぞれ敗れた。

 <宮崎>白星発進とはならなかった。第1Qに8点リードを奪う絶好の展開に持ち込んだが、終盤の接戦で力尽きた。遠山ヘッドコーチは「クロスゲームを勝てなかったのが非常に悔しい。しっかり修正すれば、いい試合、勝てる試合ができるはず」と、きょう17日の2戦目での雪辱を誓った。主将の清水は「立ち上がりで硬くなったプレシーズン3試合の反省点を克服できた。外国籍選手3人でゲームをつくれたことも収穫。勝って(宮崎に)帰りたい」と勝利を手土産にするつもりだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年10月17日のニュース