松山「大満足」の3位!アマとしては93年片山以来

[ 2010年10月17日 18:20 ]

 【日本オープン最終日】名だたるプロたちを相手に、18歳のアマチュアが堂々の3位で戦いを終えた。松山の最終ラウンドは5バーディー、2ボギーの68。史上最年少優勝や83年ぶりのアマチュア優勝はならなかったが「大満足。ここまでやれるとは思っていなかった」と充実感に浸った。

 立ち上がり、6番までに三つスコアを伸ばす。一時は首位に1打差に迫ったが「優勝は(頭を)よぎらなかった」。最後まで平常心で、アマでは1993年の片山晋呉以来となるトップ3に入った。「偉大な人と同じ結果でうれしい」とはにかむ顔も初々しい。
 プロ転向には「もっと実力をつけてから」と、プレーぶりとは正反対の慎重な姿勢を見せた大学1年生。11月には広州アジア大会、来年4月にはマスターズと世界の大舞台が控える。「(同学年の)遼君みたいに、人をひきつけるゴルフをしたい」。力強いまなざしで、未来を見据えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年10月17日のニュース