やり投げの村上が4連覇 田島直人記念陸上

[ 2010年10月17日 17:29 ]

 陸上の田島直人記念は17日、山口県の下関市営陸上競技場で行われ、男子やり投げは11月の広州アジア大会代表で、昨年の世界選手権銅メダルの村上幸史(スズキ浜松AC)が77メートル52で4連覇を果たした。

 女子のアジア大会代表勢は、走り幅跳びの井村久美子(アイディアメンタルTC)が6メートル35の追い風参考で優勝。やり投げは海老原有希(スズキ浜松AC)が自らが持つ大会記録を更新する57メートル04で3連覇した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2010年10月17日のニュース