藤田は2打差2位…王者をたたえる41歳

[ 2010年10月17日 18:59 ]

 【日本オープン最終日】単独首位で出た藤田は、スコアを一つ伸ばして迎えた11、12番で痛恨の連続ボギー。2打差の2位に終わり「チャンスだったので残念」と淡々とした表情でつぶやいた。

 今季は日本プロ選手権3位、ツアー選手権2位と国内三大大会で持ち味の粘りは発揮したが、あと一歩及ばず三大大会初優勝を逃した。
 64で逆転優勝した金庚泰を「そういうスコアで回る人が王者にふさわしい」とたたえる心優しい41歳。「自分の壁をやぶれなかった」と最後まで反省ばかりだった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年10月17日のニュース