英各紙 スペイン戦勝利に驚き「無敵さは“日出づる国”に…」

[ 2012年7月27日 20:47 ]

<日本・スペイン>前半34分、先制弾を決めた大津

 「大津、スペインに痛撃」「スペイン、ショックの敗北」。27日付英各紙は、ロンドン五輪のサッカー男子1次リーグで日本が優勝候補スペインを破ったことを驚きをもって報じた。

 スポーツ面の1ページの大半を使って報じたタイムズは「2010年のワールドカップ(W杯)と今年の欧州選手権を制したスペインは、ロンドンで金メダルを取って世界制覇を完了させるかに思われた」と指摘。「(しかし)その無敵さは『日出づる国』によって地に落とされた」と伝えた。

 ガーディアンは「大津祐樹がスコアを決めたヒーローかもしれないが、永井謙佑は継続的にスペイン守備陣の脅威となり、フィールド中盤では清武弘嗣が優れたプレーを見せた」と、ゴールを決めた大津選手以外の活躍もたたえた。

 大衆紙デーリー・スターは、大津選手の歓喜の表情の写真を掲載。スペインのゴールキーパーが「日本のプレーはとても素晴らしく、勝利に値する」と敗戦の弁を述べたことを伝えた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月27日のニュース