スペインの攻撃封じた麻也「18人で1次リーグ突破決める」

[ 2012年7月27日 01:28 ]

スペインに勝利し抱き合って喜ぶ清武(17)と吉田

ロンドン五輪男子1次リーグD組 日本1-0スペイン

(7月26日 グラスゴー)
 オーバーエージ(OA)枠で出場した関塚ジャパンの主将の吉田麻也がDF陣を見事に統率、自らも体を張った守備で完封勝ちに大きく貢献した。

 「ボールは支配されたが、しっかり守って少ないチャンスをものにできた。前線の選手が前から追ってくれて、それが(相手の)レッドカードにもなったし、前の選手に感謝したい」と晴れやかな表情だった。

 最後まで集中力を切らさず、歴史的勝利を飾ったが、ここがゴールではないことは知っている。フル代表でも守備の柱として活躍する頼もしいセンターバックは「自分たちの色をもっと出せるし、もっともっと激しくいける。(先発の)11人だけでなく、18人で頑張って1次リーグ突破を決めたい」と力強く言い切った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月27日のニュース