山村は冷静「1試合勝っただけ」 酒井宏「流れに乗れる」

[ 2012年7月27日 08:27 ]

ロンドン五輪男子1次リーグD組 日本1-0スペイン

(7月26日 グラスゴー)
 山村は後半41分、扇原に代わって守備的MFの位置に入った。短時間ながら、落ち着いたプレーで勝利に貢献。予選では主将を務めた山村は「1試合勝っただけ。次に向けてしっかり準備したい」と強豪相手の勝利にも浮かれなかった。

 ▼山口蛍の話 みんな走った。引いて守るだけではスペインにやられる。東やキヨ君(清武)がよく動いてくれた。まだ始まったばかり。

 ▼酒井宏樹の話 いい感じで先制点が取れた。前から後ろまで連動した守備ができた。流れに乗れる。

 ▼酒井高徳の話 (交代出場は)突然だった。緊張感はなかったし、不安もなかった。試合前に勝ってやろうと話していた。前線から永井君が守備をして、優位に試合を進められた。

 ▼斎藤学の話 守備をしっかりやろうと思っていた。ドリブルなど通用する部分もあったと思う。相手が10人でも(ボールを)回された。強さを感じた。勝てたのは大きい。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月27日のニュース