スペイン スロースターターは吉兆?W杯も、欧州選手権も…

[ 2012年7月27日 06:58 ]

ロンドン五輪男子1次リーグD組 スペイン0-1日本

(7月26日 グラスゴー)
 優勝候補のスペインがまさかの黒星発進。前半に退場者を出したことが最後まで響き、ミジャ監督は「1人少ない状況で、常に追う展開になってしまった」と振り返った。

 前半34分にセットプレーから失点し、7分後にDFイニーゴ・マルティネスが一発退場。ボール支配率は65%と圧倒しながら数的不利な状況で消耗を強いられ、後半は再三ピンチにさらされた。

 優勝した2010年W杯ではスイスに敗れて黒星スタート。連覇を果たしたことしの欧州選手権でも初戦はイタリアと1―1で引き分けた。スペインにとってはこの日の敗戦は“吉兆”ともいえる。ミジャ監督も「試合後も選手は前向きだった」と王者の余裕を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月27日のニュース