横浜 復興支援継続!8月に被災地でサッカー教室

[ 2012年7月27日 06:00 ]

 横浜が今年も昨季に引き続き東日本大震災の被災地でサッカー教室を実施することが分かった。

 宮城県東松島市サッカー協会の協力のもと、8月4日のアウェー仙台戦の翌日に、東松島市内で監督以下、スタッフ、全選手が参加して実施する。当日は約150人の小学生が参加予定。クラブは今後も継続的にさまざまな復興支援活動を行っていく方針だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月27日のニュース