J1契約担当者会議 代表選手負傷時の「金銭補償」を説明

[ 2012年7月27日 06:00 ]

 J1の契約担当者会議が26日に開かれ、代表活動中に選手が負傷した場合にFIFAが所属クラブの費用を補償する新制度について具体的な説明が行われた。

 関係者によると、チーム合流まで28日以上かかった場合、基本年俸を日割りして復帰までの日数分をFIFAが負担するという。これまでは代表で負傷しても治療も含めた金銭面の負担がクラブだけにあったため、欧州を中心に批判が出ていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月27日のニュース