W杯予選初登場の長友「引き締めないとダメ」

[ 2011年10月12日 06:00 ]

<日本・タジキスタン>前半、攻め上がる長友

W杯アジア3次予選C組 日本8-0タジキスタン

(10月11日 長居)
 チームが8得点を奪ったというのに、長友佑都に浮かれた様子はなかった。開口一番「大量点はよかったけど、まだまだ厳しい試合が続く。引き締めないとダメ。過信すると終わってしまう」と強い口調で話した。

 9月の2試合を故障で欠場したため、今回がW杯予選初出場。5-0の後半11分、左サイドを敵陣深く切り込んで中央の中村の6点目をアシストした。「ただのパスです」と自身については乗り気でなかったが、香川の得点の話題になると態度を一変。来日後からアドバイスを送るなど気遣っていただけに「あいつにとっても良かったし、あいつを生かすことを考えていたから、僕にとってもうれしい」と白い歯を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース