ベトナム戦とは大違い ザック監督「ボールのない場面での動きができた」

[ 2011年10月12日 07:04 ]

<日本―タジキスタン>前半、ハーフナーの先制ゴールにガッツポーズして喜ぶザッケローニ監督

W杯アジア3次予選C組 日本8-0タジキスタン

(10月11日 長居)
 ザッケローニ監督が大胆采配で、W杯アジア3次予選突破に王手をかけた。

 1―0の辛勝に終わったベトナム戦との違いについて「ボールのない場面での動きができた。ラストパスの精度も上がった」と話した。京都、奈良観光を満喫し、大阪に駆けつけたフルビア夫人と一人息子のルカ氏にも快勝をプレゼント。就任からの不敗記録は15試合に伸び、早ければ11月11日の次戦タジキスタン戦で最終予選進出が決まる。「次のアウェーで決めたい」と力強く話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース