駒野弾!Aマッチ最遅65戦目で決めた、低空ミドル

[ 2011年10月12日 06:00 ]

<日本・タジキスタン>前半、3点目のゴールを決める駒野(中央)

W杯アジア3次予選C組 日本8-0タジキスタン

(10月11日 長居)
 駒野が待望の初ゴールを決めた。2点リードの前半35分に相手のクリアボールに反応。ペナルティーエリア外から豪快に右足を振り、ネットを揺らした。

 これまでフィールドプレーヤーで最も遅いAマッチ初得点は井原正巳、中田浩二の通算43試合目。これを大きく上回る国際Aマッチ65試合目での初得点に「やっと0が1に変わったのでうれしい」と笑顔を見せた。前半11分、後半2分には、ともに右サイドからのクロスでハーフナーのゴールをアシストした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年10月12日のニュース