浦和スタメン総入れ替え、リーグ戦を最優先

[ 2011年10月12日 06:00 ]

天皇杯2回戦 浦和-宮崎産業経営大

(10月12日 埼玉)
 9日のナビスコ杯準決勝でG大阪を破って7年ぶりの決勝進出を決めた浦和が、12日の天皇杯2回戦・宮崎産業経営大戦に先発11人を前戦から“全取っ換え”して臨むことになった。

 7戦連続勝ちなしで15位に沈むリーグ戦では、15日にJ1残留を争う14位・大宮との大一番を控える過密日程。選手のコンディションを最優先したペトロヴィッチ監督がターンオーバーを決めたもので、G大阪戦に出場した選手のほとんどが11日の練習を免除され、休養に専念した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース