ワーナー氏 買収行為の映像公開

[ 2011年10月12日 20:39 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)のことし6月の会長選をめぐる買収疑惑で、英紙デーリー・テレグラフは12日、FIFA元副会長のワーナー氏(トリニダード・トバゴ)がカリブ海連合の会合で賄賂の受け取りを求めた際の映像を同紙のウェブサイトで公開した。

 映像は5月11日に録画されたものとされ、ワーナー氏が会長選に立候補していたハマム元理事(カタール)から参加者への現金の「贈り物」について説明している。

 ハマム氏はこの行為によりFIFAから永久資格停止処分を受けた。ワーナー氏は疑惑調査中に役職を辞任した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース