復帰の中村が流れ変える「勝てたのが一番の薬」

[ 2011年10月12日 22:50 ]

天皇杯2回戦 横浜3―1カマタマーレ讃岐

(10月12日)
 8月に左膝を負傷した横浜の中村が失点直後の後半34分から復帰し、逆転勝利に導いた。「結果的に勝てたのが、今のチームには一番の薬」と胸をなで下ろした。

 抜群のキープ力で、公式戦5戦白星なしのチームを落ち着かせた。「負けていると自信がなくなる。自信が出るようなプレーを心掛けた」と攻撃の起点となり、勝ち越し点と3点目に絡んだ。

 J1も優勝へ向け後がない佳境を迎える。「攻撃の意思統一ができていない部分があった。これ以上負けられない。これからいいプレーで上位に上がりたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース