フランス、デンマーク、ロシアなど5カ国が本大会へ

[ 2011年10月12日 08:44 ]

 サッカーの2012年欧州選手権予選は11日、各地で最終戦が行われ、D組のフランス、F組のギリシャ、H組のデンマーク、B組のロシア、E組のスウェーデンがあらたに本大会出場を決めた。

 フランスは2位ボスニア・ヘルツェゴビナと1―1で引き分け、デンマークは同勝ち点で並んでいたポルトガルとの直接対決を2―1で制し、ともに1位で突破した。スウェーデンは既に1位が確定していたオランダを3―2で破って各組2位の中で最高成績となり、本大会出場が決まった。

 ポルトガルなど各組2位の残り8チームは、11月中旬にホームアンドアウェー方式のプレーオフで残り四つの出場枠を争う。プレーオフの組み合わせ抽選は13日。

 ポーランドとウクライナの共催で来年6月に開幕する本大会の1次リーグ組み合わせ抽選は、12月2日に行われる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース