大勝にも冷静な長谷部「この試合は忘れた方がいい」

[ 2011年10月12日 06:00 ]

W杯アジア3次予選C組 日本8-0タジキスタン

(10月11日 長居)
 長谷部誠は国際Aマッチ50試合出場の節目の一戦を大勝で飾ったが、浮かれることはなかった。序盤からゴールを重ねて格下のタジキスタンを圧倒したが「ボランチとしてはあまりやることはなかった。この試合は忘れた方がいい」と冷静。

 8月10日の韓国戦に3―0で快勝した後、9月のW杯アジア3次予選2試合(2日の北朝鮮戦○1―0、6日のウズベキスタン戦△1―1)に苦戦したこともあり、気を引き締め直していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年10月12日のニュース