【ヴィクトリアM】ミスターX 伏兵アマルフィコースト本命!

[ 2019年5月12日 05:30 ]

 春の古馬牝馬の頂点を決める東京11R・ヴィクトリアマイルはアマルフィコーストを指名する。デビュー2連勝で牝馬クラシックに名乗りを上げたが、3歳時はフィリーズレビューで落馬競走中止、桜花賞は左前肢ハ行のため出走を取り消すという“不運”に見舞われた。復帰後も条件戦で足踏みが続いたが、2走前の京都牝馬Sでは13番人気で3着に激走。前走・阪神牝馬Sでも12番人気の低評価を覆して2着に入った。

 2戦連続で結果を残しているにもかかわらず今回も伏兵の1頭という扱いなら、「もう一丁」を期待したい。同じ東京マイルが舞台の前週NHKマイルCでは同じダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズが勝利。追い風が吹いている。(1)から(2)(6)(7)(9)。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月12日のニュース