【ヴィクトリアM】福永&松永幹師、牝馬G1完全制覇に挑む

[ 2019年5月12日 05:30 ]

福永祐一
Photo By スポニチ

 プリモシーンに騎乗する福永は牝馬限定G1で武豊(17勝)に次ぐ現役2位タイの10勝。ヴィクトリアMを勝てば、武豊、蛯名、ルメールに次いで史上4人目の牝馬限定G1完全制覇となる。福永はヴィクトリアMで同レース最多騎乗騎手となる過去12回参戦しており、11年レディアルバローザでの3着が最高着順だが、今年はどうか。また、ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師は騎手時代に桜花賞、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯を制し、調教師になってから秋華賞、阪神JFで勝利。騎手、調教師の合計ではあるが、こちらもヴィクトリアMを勝てば“完全制覇”となる。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月12日のニュース