【ヴィクトリアM】(1)アマルフィコースト 最内枠で大駆け

[ 2019年5月12日 05:30 ]

 アマルフィコーストは東京競馬場への輸送は初めて。「昔は細かいことで暴れていたりしたけど、精神面で成長が見られるから輸送も大丈夫。馬房に入ってからもテンションが上がっていないから」と中川厩務員。直近2走は重賞で好走。「いい状態をキープできているし、疲れもたまっていない。絶好の最内枠だし、これをうまく利用できれば」と笑顔で語った。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月12日のニュース