【ヴィクトリアM】(13)サトノワルキューレ 末脚爆発に期待

[ 2019年5月12日 05:30 ]

 サトノワルキューレは昨年のオークス以来の東京輸送。木村厩務員は「輸送は問題なく終わった。状態は変わらずいい」と笑顔。前走・阪神牝馬Sではメンバー最速の上がり3F32秒8をマークしたが9着に敗れた。「スローで前が止まらなかった。今回は逃げたい馬もいるみたいだし、流れひとつで差しが決まるのでは。いい末脚を持っているから東京は向く」と激走を期待していた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月12日のニュース