【寺下の変 特別編】12日京都9R VMの資金稼ぎはプラチナアッシュの“逃げ推し”で!!

[ 2019年5月12日 08:00 ]

 土曜に行われた京王杯SCは1分19秒4のレコード決着。勝ち馬の上がり3Fも33秒1と速い。ヴィクトリアマイルの◎レッドオルガにとっては、絶好の馬場コンディションといえる。マイル戦の持ち時計=1分32秒0、自身の上がり3F最速タイム=32秒9も優秀。芝はBコースに替わり、内めが有利になった。内枠(2)番の枠順も追い風になる。

 G1の資金稼ぎは京都9R・白川特別の◎プラチナアッシュ。過去10年の当レースで「2角先頭」だった馬が【4204】と好相性。15年以降、4年連続で連対しており、逃げ馬が目下3連勝中だ。プラチナアッシュは3走前に同じ京都の外回り戦を13番人気ながら逃げ切った。当舞台の2走前も小差の5着。ここはメンバー的にも単騎逃げが濃厚だ。すんなり先手を奪えれば、チャンスはある。

 コンビ継続の古川は当レースで2年連続2着(人気は6、8)と相性もいい。鞍上は令和最初に行われた1日の交流重賞・かきつばた記念(ゴールドクイーン騎乗)を鮮やかに逃げ切った。“逃げ馬フェチ”にとって心強いジョッキーだ。

 馬券は単勝&馬連流しで相手は○ドンアルゴス、▲スプマンテ、☆エーティーサンダー、以下△トーホウアルテミス、ニッポンテイオー、マスターコード、チャロネグロの計7頭へ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月12日のニュース