【ヴィクトリアM】アエロリット 5着でG1・2勝目ならずも菊沢師は納得の表情

[ 2019年5月12日 17:06 ]

<東京11R・ヴィクトリアマイル>5着に終わったアエロリット(鞍上は横山騎手)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 米国遠征(ペガサスワールドCターフ招待S=9着)からの帰国初戦でも2番人気に支持されたアエロリットだったが、結果は5着止まり。NHKマイルCに続くG1・2勝目はならなかった。

 スタート直後は内枠勢が速かったが、横山典が手綱を押してハナへ。1000メートル通過56秒1というハイラップの逃げで残り200メートルまで粘ったが、ゴール前で力尽きて外から4頭に抜き去られた。それでも菊沢師は「刺激を与えられたし、力は発揮できている。自分で引っ張って、これだけの時計だからね」と納得の表情を見せていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月12日のニュース