【根岸S】戦い終えて

[ 2019年1月27日 17:42 ]

 2着ユラノト(ルメール)マテラスカイの後ろに行けてちょうどいいレースになった。直線も伸びてくれて精いっぱい頑張っている。1400〜1600メートルも問題ない。勝った馬が強かった。

 3着クインズサターン(四位)1400メートルだけどリズムを崩すまでは急かさないでという指示。この馬なりに中団でいい感じに追走して最後も詰めて頑張っている。内枠は少し嫌だと思ったが、今日は腹をくくって内に行った。

 4着モーニン(和田)外でかぶされないように狙って、リズムを守って運んだ。以前より体を使えて良くなっている。あとは枠順や展開で本番(フェブラリーS)が楽しみ。

 5着ワンダーリーデル(柴田大)すごくいい馬だけどかぶると少しひるむところがあった。前が開けてからビュンと来た。

 6着ノボバカラ(ミナリク)いいスタートで3番手で手応え良く運べた。馬はリラックスしていて直線もバテずにしっかり走ってくれた。

 7着ヤマニンアンプリメ(内田)久々の左回りで少し戸惑ったし、少しごちゃついて進路がなくなった。それでも頑張っている。オープンでやれる。

 8着サンライズノヴァ(戸崎)この馬に合う条件で形もイメージ通り。4角でもいつもの感じでグッといけたが、そこからがいつもの感じではなく沈んでいってしまった。

 9着キタサンミカヅキ(森泰斗)いつもより下げてしまいを生かすという指示。勝ち馬の後ろにつけられたが、瞬発力の差で突き放された。久々の1400メートルだったからか、残念です。

 10着ケイアイノーテック(藤岡佑)ダートがまるでダメではないが、いきなり一線級相手では分が悪かった。ただ、体調は秋以降で一番良く、この馬らしいいい感じが戻っている。芝で巻き返したい。

 12着ラブバレット(大野)年齢を感じさせない動き。コースが替わればもっとやれそう。距離はこのくらいまでかな。

 13着マテラスカイ(武)自分のレースができたが、こういう乾いたダートは合わない。

 14着サトノファンタシー(岩田)重賞ではもうちょっと展開とかがはまらないと厳しい。

 16着レッドゲルニカ(蛯名)パサパサのダートは走りづらい。もう少し締まっている方がいい。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2019年1月27日のニュース