【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】27日京都10R 好相性の鞍上でテーオービクトリーが本領発揮

[ 2019年1月27日 08:00 ]

 東京競馬場でテレビ観戦した土曜の愛知杯。◎ランドネが期待通りのマイペース逃げに持ち込んで「しめしめ」と思ったが、直線で2頭に差されて3着止まりだった。優勝したワンブレスアウェイは5走前のマーメイドS(2着)では◎指名したものの、その後は重い印を打っておらず、今回は無印だった。牝馬限定のG3でハンデ54キロなら十分に狙えたのに…とレース後に反省しても、後の祭り。

 本日の推奨レースは京都10R・飛鳥S。過去にも当欄で2回取り上げている◎テーオービクトリーで再度勝負を懸ける。再昇級戦となった前走の新春Sは6着止まりだったが、過去には1600万で2着が2回、3着も1回ある実力派。しかも、そのうち2戦は今回と同じ京都芝1800メートルが舞台だった。さらに、今回はコンビを組んで【2101】と最も相性がいいM・デムーロ騎乗。攻め気配も申し分なく、自信を持って狙える。首尾よく的中できれば、東京メイン・根岸Sの◎サンライズノヴァにドンと踏み込みたい。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年1月27日のニュース