【午後の狙い馬・27日東京11R】巨漢レッドゲルニカ、超乾燥馬場はもってこい

[ 2019年1月27日 12:18 ]

 府中のダートは乾燥しきってパサパサの状態。日曜午前のレースは1R→504キロ、2R→494キロ、3R→516キロと大型馬が活躍中だ。3Rにいたっては1〜4着を516、536、510、524キロと500キロオーバーの馬が上位を独占し、8〜16着は400キロ台の馬と明暗がくっきり別れた。

 東京11Rの根岸Sはメンバーの中でも特に巨漢のレッドゲルニカで穴狙い。前走を552キロで出走し、前回Vの18年バレンタインSは自己最高の564キロ。体を増やしても走れるタイプで、今の超乾燥馬場はもってこい。近走成績は振るわないが、東京ダート1400メートルには良績はある。人気馬と組み合わせた馬券で高配を狙いたい。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年1月27日のニュース