【シルクロードS】傾向と対策

[ 2019年1月27日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆負担重量 53キロ以下【0・0・3・23】、54〜55キロ【2・3・4・55】、55・5〜56・5キロ【2・3・2・26】、57キロ以上【6・4・1・26】。ハンデが重くても有力視。

 ☆脚質 G1を除く直近芝レースの4角の位置取り別で成績を分析すると、先頭【2・3・0・7】、2、3番手【4・3・2・31】、4〜9番手【2・2・6・60】、10番手以下【2・2・2・32】。先頭組が圧倒的な好走率を誇る。

 ☆近走 09年を除いた全ての勝ち馬は近3走以内で芝の重賞で4着以内の好走歴があった。

 結論 ◎ラブカンプー ○セイウンコウセイ ▲サイタスリーレッド

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年1月27日のニュース